[ARTICLE]

MAGNETIC TAPE

  • facebook
  • twitter
  • line
  • google plus
  • hatena bookmark

「磁気テープ」のメリット

Contents

FUJIFILM LTO Ultrium7

低コスト

磁気テープは、テープ保管時は電力を必要としないため、電気料金・空調や電源施設の設備費などを考えた場合、ランニングコストが非常に安価なデータストレージメディアです。
また、ハードディスクと比較しても容量単価が安価のため、収納巻数が多くなるほど装置全体の容量単価が下がります。

安心・安全

停電やハッキング、盗難等によるデータ消失、流失事故は世界中で発生していますが、オフラインで保管する磁気テープはそれらによるデータ損失のリスクが低く、BCP対策にも最適なデータストレージメディアです。
大切なデータを災害などのリスクから守るため、オフライン管理と可搬性のある磁気テープは、遠隔地保管にも適しています。

長期保管に最適

ハードディスクの寿命が数年といわれるのに比べ、磁気テープは30年以上も性能を維持することが、加速評価試験で実証されています。
また、磁気テープはハードディスクと比較しても故障率・エラー率が低く高い信頼性を誇るため、最も長期保存に適したデータストレージメディアであると言われています。

大容量

記録密度が限界に近づいているハードディスクに対し、磁気テープはいまだ順当に記録密度を伸ばし続けており将来技術も実証できています。また、テープ媒体を薄くして長くすることで記録領域を拡張することが可能であり、今後も更なる容量増加が期待できます。将来ロードマップはLTO10まで発表されており、現行磁気テープ製品の1巻当たりの容量は現行ストレージメディアの中でも最大です。

バリウム・フェライト磁性体の将来技術の実証 磁気テープ 220TB/1巻相当の記録密度を達成