[ARTICLE]

BACK GROUND

  • facebook
  • twitter
  • line
  • google plus
  • hatena bookmark

コールドストレージとは?

Contents

過去に比べ多種多様なデバイスからさまざまなデータが簡単に日々生み出されるようになりました。それに伴いデータ量が爆発的に増加しているだけでなく、データの特性も多様になってきています。

作成された直後は頻繁に参照され書き換えられるデータですが、時間が経って鮮度が落ちるとアクセス頻度が下がっていきます。これをコールドデータと呼びます。最終的にはあまりアクセスされなくなるコールドデータですが、コンプライアンス目的での保管だけでなく、将来の活用を考えて重要な資産として保存する傾向が高まっています。コールドデータは全データ中の70%~80%を占めるとも言われています。

データ生成後の経過時間とアクセス頻度

コールドストレージとは

アクセスが低頻度になったコールドデータを、長期間、安価に保管できるストレージシステムやサービスをコールドストレージと呼びます。主ストレージに比べ、応答時間や転送速度を下げたり、可用性を下げたりすることで低価格を実現するケースが多くあります。ユーザーが用途に応じ適切なデバイスやサービスを選択することになります。クラウドでのコールドストレージサービスはAWSのGlacierが有名です。

従来の(オフライン)アーカイブも用途の一つですが、最近ではアクセス頻度は少なくても必要なときには即座にデータアクセスできるアクティブアーカイブ(オンラインアーカイブ)のニーズも生まれており、アクセス性と低コストを両立できるHDDとテープを組み合わせた階層化ストレージなどが提案されています。

ストレージデバイスの階層化構造