[ARTICLE]

BACK GROUND

  • facebook
  • twitter
  • line
  • google plus
  • hatena bookmark

バックアップとアーカイブの違い

Contents

データの大容量化・コンテンツのデジタル化・コンプライアンス対策・データの利活用等、限られた予算の中でこれらの課題に向き合わなければならないため、違いを理解し有効に活用する事が求められています。

バックアップデータ・本稼働データ・アーカイブデータ

有事の際のデータ消失、破損に
「備える」バックアップ

本稼働のデータの複製、もしくは差分/増分データをテープシステムに定期的に保存する方式です。 本稼動データからテープシステムへバックアップするDtoT(Disk to Tape)、本稼動データをハードディスクでバックアップし、更にそれをテープシステムへバックアップするDtoDtoT(Disk to Disk to Tape)があります。
有事の際、バックアップデータをリストアすれば本稼動データが復旧できるように、一時的に本稼動データを保存するのにテープストレージが使われています。

大量のデータを安全かつ長期的に
「保管する」アーカイブ

コンプライアンスやコーポレートガバナンス、ビッグデータビジネスを視野に入れながら、バックアップデータ・本稼動データの中から、永久/長期保存が必要なデータやコールドデータを保存する方式です。
必要なときに、アーカイブデータの中から必要なデータをリストアし利活用します。 高い信頼性や拡張のしやすさによりテープストレージはアーカイブシステムとしてこれまでも使用されてきました。 テープストレージの高容量化・転送速度の高速化もあって、アーカイブストレージとしてテープシステムの活用の幅が広がっています。

バックアップとアーカイブの比較

比較図

磁気テープシステムの特徴を活かしたストレージを

「磁気テープシステムはバックアップ用の古いシステム」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、長期保存性や大容量ストレージに対する圧倒的なコストパフォーマンスに加え、近年の転送速度の高速化、オープンソースのファイル管理ソフトウェアなどバックアップだけではなく、アーカイブにおいても磁気テープシステムの活用の幅が広がっています。